まさか…自分でも信じられない…元彼との再開
まさか…自分でも信じられない…元彼との再開

まいぽん(30代・女性)

私は昔から大事な場面で選択を間違えてきたと思います。
悩んで悩んで選んだ方が失敗に終わる人生。
結構壮絶な人生を歩んで来たので、いつも不安と後悔の連続でした。

以前、何度か有名な占い師の行列に並んで占ってもらった事はありました。
人間関係、恋愛なんかを10分弱話して5000円くらいだったと思います。
そのときはなんとなく満足した気になりましたが、数日たつと細かいことは忘れてまた相談したくても、またあの列に1時間以上並ぶのはためらうのが本音…。

占い師の先生に電話で相談したのは初めてでした。
いつも通勤で使う駅の看板に、URLが載っていたのを何気なくアクセスしてみたのです。
はたして電話の声だけで占えるのか、半信半疑な部分もありましたが、初回20分も無料だというので、試しに占ってもらうことにしました。
サイトから占い師のプロフィールをじっくり読んで空いているL先生に相談したのです。

今の自分の状況を少し話して、恋愛で新しい出会いがない事を打ち明けました。
「新しい人との出会いの期待に、昔の恋愛の影を求めてませんか?」
L先生から、私しか知りえない衝撃の言葉を聞いた時に全身に電流が走りました。

 20代の後半に付き合っていたカレ…仕事の忙しさからすれ違いになって、だんだん会えなくなってしまい…会いたいケド会えないストレスからケンカが増えて別れてしまいました。
私もプライドが高かったので、その彼の事は思い出さないように、毎日を充実させて仕事や遊びに没頭して過ごしました。
合コンに誘われれば必ず出席したのですが、どうしても男性のアピールにノリきれなくて、気がついたら三十路を超えて、ますます恋愛に臆病になってしまったのです。
私の問題は、新しい恋愛に対する勇気ではなかったのです。過去の…愛していた彼との思い出の続きが必要だったのです。
それは、ある意味新しい恋愛より勇気が必要でした。

今更、彼にどう連絡をとったらいいのか、でもL先生に言われた瞬間から自分の気持ちに気がついてしまいました。彼に会いたい。でも…もし、彼に新しい恋人がいたら…結婚していたら…私の事など忘れていたら…。正直にL先生に話してみました。
「彼は今もあなたを待っている可能性があります。まずは、メールなど軽い気持ちのフリをして送ってみたら?たとえば、間違えメールのふりとか?」
的確なアドバイスが次々と出てきました。

L先生に相談した直後、私は言われた通り「友達に送るメールを間違えて送った」というメールを送りました。
その設定も細かくアドバイスしてもらい、「彼の名前に近い女友達に「自分の弱みや疲れた感じを相談するような内容」がいい」と言われたのでそのままの内容で送りました。

数分後「送る相手を間違えてるみたいだよ」と彼から返信がきました。
私「久しぶり…ごめんね間違えちゃった…そっちは元気?」
彼「ウンまぁまぁ」
私「そっか、私はチョット落ち込み気味…」
彼「どしたの?」
ここまで、ほとんどL先生の言ったとおりでした。

私は、もう一度L先生に電話しました。
このまでの流れを伝えたら落ち着いた声で「次に彼から返信が来たら、食事に誘ってみて…他の事はなにも書かずに。」
と言ってもらったので、「今度会ってご飯でもどう?」って送りました。ドキドキしました。
すぐに、彼から「いいよ。明後日の夜とか?」ときたので、L先生の『二人の思い出の店を選んで』アドバイス通り彼に「○○って店覚えてる?あそこまだあるかな?」と送りました。

後日、彼とその思い出の店で語り合い、彼には今恋人がいないこと、今でも私の事を想っていることを聞き、また付き合うことになりました。
今度は結婚を前提に彼との家庭運をL先生に相談しています。

私の大事なターニングポイントに光を当ててくれたL先生アリガトウ★また悩んだらTELします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>